引っ越し トランクルーム

クロネコヤマト、サカイ、アート引越センターなどのトランクルーム

引っ越し業者は、たいていトランクルームを所有・仲介しています。建て替えやリフォームの際に活用するとよいでしょう。

 

建て替えやリフォームのとき、あるいは、転勤や留学する際に、家財道具はどのように保管すればよいでしょうか。仮住まいを借りた場合はもちろん、実家に一時的に居候する場合でも、家財・荷物の置き場に困ってしまいますよね。

 

そんな時は、引っ越し業者が所有・仲介するトランクルームサービスを利用するのが非常に便利です。

 

トランクルームでの引っ越し風景

 

なぜ便利かというと、引っ越しとトランクルームサービスとセットすることによって、それぞれ別々に手配する必要もなく、しかも、オトクな価格でサービスを受けることができるからです。

 

例えば、クロネコヤマト。こちらでは、その名もズバリ「建替引越しパック」というプランがあり、リフォームや建て替え引っ越しの時に、トランクルームサービスを受けることができます。

 

旧居から仮住まい、仮住まいから新居への2度の荷物の移動と、トランクルームの一時保管までがセットになっています。業界大手のクロネコヤマトのサービスですので安心ですね。

 

この他に、日通、アート引越しセンター、サカイ引越センター、アリさんマークなど、大手ならたいてい、依頼することができます。ただし、各社、次のような点で条件が異なるため、大いに注意が必要です。

 

例えば、預かれる期間や、途中での家財・荷物の引取りの可否。一度預けたら、建て替え完了まで一切の荷物を取り行けない業者もあるわけです。

 

トランクルーム内部の写真

 

また、トランクルームの環境も大きく違い、屋内型の保管環境が良い倉庫と、屋外型の保管環境が悪い倉庫もあります。

 

何と言っても違うのがトランクルームの料金。どの業者も要見積りとなっているだけに、料金交渉の鍵は業者側が握っているというわけです。そこで、おすすめなのが、こちらの引っ越しの一括見積もりを使った比較。

 

このサービスは、複数の業者にまとめて見積りを依頼できるというもの。そのため、私たちは各社から出てきた見積もりを比較して、最も条件の良い業者を選べるというわけです。

 

これなら、最安値の業者に依頼することも、屋内型トランクルームの業者を選ぶことも、問題なくできますね。もちろん、クロネコヤマトも、日通も、アート引越センター、サカイ、アリさんも、参加しています。また、各社は最初から複数社と競わなければならないわけですので、料金提示額も大幅に安くなる可能性も高くあります。

 

 

引っ越しの一括見積もりはこちら(無料です)

 

 

なお、このサービスは無料で利用できます。万が一、希望条件に合うトランクルームが見つからなかった場合は、どこの業者とも契約する必要はありませんので、安心して利用してみてください。

 

それぞれ引っ越しのサービス内容も色々違いますが、本当にトランクルームもいろいろです。単に屋内・屋外の違いだけでなく、セキュリティが素晴らしいところ、空調設備が整っているところなど、様々ですので、必ず比較はしましょう。

コラム

家の建て替え・リフォームなどでも大活躍のトランクルーム

 

トランクルーム、道を歩いていたり、車で通った時に見かけることありませんか?看板など、結構大きく「トランクルーム」「○○倉庫」などとありますが、いかがでしょうか。このトランクルーム、自分にはあまり縁がないサービスかと思いきや、そうでもないんです。家に収納しきれないもの、例えばスキーや暖房用具などの季節ものや、衣類、普段は使うことがないバーベキュー用品など、しまっておくことができてとても便利です。

 

あるいは、家の建て替えのときやリフォームのときにも、とっても便利なサービスなのですよ。家の建て替えで、仮住まいに引っ越しをすることになったとします。すべての家財を仮住まいに運び込もうにも、スペースもないし、手間もかかる。どうしよう?リフォームでも同様ですよね。そんなときに、毎日の生活に必要なもの以外をトランクルームに預けておけば、置き場所に困ることがないというわけです。それで、リフォームや建て替えが無事終了して、きれいになった我が家に、また荷物をトランクルームから戻せばいいというわけですからね。本当に大活躍です。

 

トランクルームは全国各地にあります。倉庫業が運営しているところもあれば、引っ越し業者などが仲介しているところもあります。それぞれ24時間開閉自由であるとか、セキュリティ対策が万全とか、空調が付いているとか、特徴があります。利便性や場所も重要ですが、色々ポイントを確認して、上手に使ってみて下さい。

 

海外への転勤。駐在先に運べない荷物をトランクルームに

 

引越しって、大変。同じ都道府県内を動くだけでもかなりのエネルギーを要するものですが、それが海外引越しともなると、もしかしてその倍のエネルギーが要るかもです。

 

特に、既にマイホームを持っている人が海外転勤を命じられた場合など、家族帯同で渡航する場合は留守宅をどうするか?ということも考えなければなりません。転勤の期間にもよりますよね。前に私が勤めていた会社は海外拠点が幾つかあり、それぞれに駐在員をおいていました。駐在期間は短くて2年、長くて5年、例外的にそれ以上という感じだったので、家を持っている人は駐在している間はリロケーション会社に頼んで貸していましたね。いい借り手が見つかればいいですが、せっかく手に入れたマイホーム、数年後に帰任したら再び住むことにはなるでしょうけど、他人が長期間住んだところに帰る訳ですから複雑な思いもあるでしょうね。だから貸さなかった人もいました。家って、誰も住んでいないと、何故か汚れるんですよね。お母さんとか親せきの人に頼んで風通しをしてもらっていたと聞きましたが、それも頼まれた人が大変ですよね。

 

引越し自体も大変。せっかくのマイホームだから家を建てた記念に思い入れのある家具の数々を所有しているでしょう。でも駐在先に運ぶ訳にもいかないから、トランクルームなどに預けることになります。辛いですよね。そして、駐在先、赴任先に持って行く荷物も内容物を全て正確にリストアップしなくてはならないんです。海外引っ越しの荷造りなどで疲れもピークに達している時で、もう、狂いそうになりますよ。

 

日本のトランクルームにおいていく荷物もちょっと気になりますが、まぁ、駐在員の暮らしは悪くはないはずだから、新生活に慣れれば辛い引越しのことなんて忘れちゃうでしょうけど、ね!


ホーム RSS購読 サイトマップ